従業員にクレジットカードを渡すのは・・・

『従業員にクレジットカードを渡していいものか・・・』

クレジットカード機能付きのETCカードを社用に利用する場合、従業員にクレジットカードを所持させることになります。

この場合、色々な不安要素やリスクが考えられますよね。

勝手に不正利用されてしまうのではないか

社員を疑いたくないですが、もしそのような社員がいないとしても

「トラブルになった時の責任の所在」

「あらぬ疑いをかけてしまうかもしれない」

といったことを心配しなければいけません。

できればこのような心配なく、安心して社員にカードを利用してもらいたいものです。

紛失・盗難のリスク

もし業務中に社員がクレジットカードを紛失してしまったら。

個人用のクレジットカードでも紛失したらカード利用を停止する手続きが大変なのに、業務に利用しているカードを紛失したら様々な影響がでるでしょう。

できる限りそんなリスクは避けるべきですよね。

ETC専用カードでリスクを回避

クレジット機能がついていない法人向けのETCカードは、ETC支払いにしか利用できません。

これにより紛失・盗難されても最小限の被害に抑えることができます。

またカードを渡した従業員が、業務時間外や私用でETCを利用した場合も、利用履歴を追跡できるので不正利用を防止することができます。

社員との信頼関係を保ち、安心してETCを利用してもらうためにも、法人利用の際には、クレジット機能無しの専用カードの利用をおすすめします。

投稿日:

Copyright© 知らないと損する!法人向けETCカード , 2021 All Rights Reserved.